BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. チキチキ電車撮り

チキチキ電車撮り

皆様、おはこんばんにちは。

アヌビスでございます。

あれだけ暑かった夏も終わり…

だいぶ冷え込んできましたね。

秋どこ行ったんでしょうね。

お昼は暑いのに朝と夜は寒い。

暑がりの私は

お昼は半袖でまだ大丈夫

けど朝自転車で駅まで向かって夜にまた自転車乗って帰る…

基本的に自転車で移動している時は冷えて

駅から学校まで歩くときは暑い

最近はパーカーを着ていますが、暑いときは暑いし、

着脱できるパーカーだと脱いだら荷物がかさばるしで

なかなか管理しづらくて困っています。

 

というのは余談で、

私が鉄道に興味があるということを知っているひとは知っているかもしれません。

最近ちよくちょく電車の写真を撮ったりしているんです。

いわゆる撮り鉄、ですね。

一眼レフとか持っているわけではないので、

そこまでガチの写真ではないです。

基本動いているところを撮ることが多く、

タイミングが合わなければぶれてしまうんです。(そりゃそうか)

毎回そのタイミングをチキってしまい

微妙な位置で撮ってしまうという。

なので毎回

【自称】写真下手くそ選手権

を自分の中で開催しています。

今回は撮ってきた中で

チキってしまった写真と

いまのところ自分で勝手に開催している写真下手くそ選手権の一位を

ご覧ください。(誰得なのか。)

まず一枚目。

自分の学校の最寄り駅は普通電車しか止まらないので、新快速電車はものすごいスピードで通過していきます。

そんな新快速を撮った一枚ですが、

速いので粘れずパシャリ。

もうちょっと何とかならんかったんかい!

というような一枚になりました。

 

これは自分の通う学校のすぐそばにある踏切(魔の踏切とか言われています。理由が気になる方は私まで!)です。

そこを通る電車を撮りました。

一枚目よりマシですが、

車体が半分しか映ってない…

もう少し粘ればよかった一枚です。

 

はい、こちらが写真下手くそ選手権のいまのところトップの写真です。

どうしてこうなった。

酷いですね。

チャレンジ失敗ですね。

撮りたい電車のみブレているという。周りはきれいにピント合ってますね。(皮肉)

動いているものを撮るのは難しすぎる…。

 

じゃあ、止まっている時に撮ればいいじゃない

と思う方もいますが

個人的に、止まっていると

電車を待っている人や、乗り込む人が映り込む可能性が高いのと、

ドアが開いている

動いている方がスピード感がでる

など、色々とこだわりがあるんです。(個人の見解です。人それぞれです。)

電車だけでなく

今後は新幹線にもチャレンジしたいので…

練習という意味も兼ねて、ですね。

神戸スタッフに写真を撮るのがすごくうまい人がいますね。

なんであんなにきれいに撮れるんでしょうかね。

慣れ、ですかね。

ここまで長々とお話しましたが、少しでもクスッと笑っていただければと思います。

和太鼓ライフは充実しておりますでしょうか??

10月になり、新クールも始まりました。

もし、身近に和太鼓やってみたいと思う方・興味がある方がいれば

是非TAIKO-LAB神戸を紹介してあげてください!

もちろん、未経験者大歓迎です!!!!

お待ちしております!

 

関連記事

TAIKO-LAB店舗

■TAIKO-LABうめきた
〒531-0071
大阪府大阪市北区中津3-1-24

■TAIKO-LAB神戸
〒650-0021
神戸市中央区三宮町1-8-1さんプラザB1F

■TAIKO-LAB in 城陽
〒610-0101
京都府城陽市平川横道53

■TAIKO-LAB in 紫明
〒603-8163
京都府京都市北区小山南大野町

■TAIKO-LAB 東大阪
鶴見緑地教室・ 河内小阪教室